タイトルの通り、自分が使用していた蹴り機をまとめてみました。
尚、リコンに関しては状況次第で変えるので非搭載で
・リコンジャマーマルプル重二キック野朗
略称:RMK-H
ワンパン糞火力を発揮し、砂漠にて地上での戦闘中でこの機体にやられた方も結構居ると思います。
この頃のイメージは「LoLをイメージして作ろう」という事で以下のアセン内容に
 HEAD          : BEOWULF HD103
 CORE          : UCR-10/A
 ARMS          : UAM-10 SEVERN
 LEGS          : KT-4N3/JIUHUA
 FCS           : UFC-10
 GENERATOR     : SONNE GNE530
 BOOSTER       : BT-21 SHINATSU
 R ARM UNIT    : AR-07/A
 L ARM UNIT    : UST-31 PHOENIX
 SHOULDER UNIT : UHR-67/H KARUR
 OVERED WEAPON : MULTIPLE PULSE
左手のリコジャマはステルス
右手のセントリーはタレット
肩のヒトロケは方向指定スキルの一つ
OWはUlt
蹴りはタワー破壊と
基本的にはサポートタイプとして作られた機体なのですが、何故かこの時点で蹴りメイン機になっていた。
因みに、この機体が初代だと思われる方が居ますが、実は肩にASミサのKO-9C5を積んだものが初代蹴り機であります。

・リコンジャマーマルプル中二キック野朗
略称:RMK-M
新レギュにて機体負荷が高くなったので、速度とEN効率を考えた結果、中二を選択。
 HEAD          : BEOWULF HD103
 CORE          : UCR-10/A
 ARMS          : UAM-23/I
 LEGS          : ULG-11 RAINIER
 FCS           : UFC-10
 GENERATOR     : SONNE GNE530
 BOOSTER       : BT-21 SHINATSU
 R ARM UNIT    : AR-07/A
 L ARM UNIT    : KO-4H2
 SHOULDER UNIT : UHR-67/H KARUR
 OVERED WEAPON : MULTIPLE PULSE
使用頻度が少なく、尚且つフリーズ要因の一つでもあるセントリーガンを廃止し新たにパイルを搭載。
元々パイルはある程度使えていたので蹴りが発動できない状態のENになった場合にこのパイルを使用。
中二に変更した為に防御面でCEが大幅に弱体化。これにより回避の方法を探った結果、GBでウネウネと動くように。
尚、この機体はリーダーや雇い主からの許可が無い限り、又は本気で守る時とかではない限り使用は禁止。

・リコンジャマーグラブレ中二キック野朗
略称:RGK-M
 HEAD          : BEOWULF HD103
 CORE          : UCR-10/A
 ARMS          : UAM-23 ANIMAS
 LEGS          : ULG-11 RAINIER
 FCS           : UFC-10
 GENERATOR     : SONNE GNE530
 BOOSTER       : BT-21 SHINATSU
 R ARM UNIT    : AR-07/A
 L ARM UNIT    : KO-4H2
 SHOULDER UNIT : UHR-67/H KARUR
 OVERED WEAPON : GRIND BLADE
マルプル版との違う部分は腕とOWだけ。
この理由は防御面の強化を行った際に積載オーバーとなった為だけという簡単な理由。
威力は少し削られたがほぼ1確で破壊可能な為、問題は無し。

・リコンジャマーマルプル or グラブレ重二キック野朗(新)
略称:RMK-H-N or RGK-H-N
 HEAD          : BEOWULF HD103
 CORE          : UCR-10/A
 ARMS          : ELBE AM28-2
 LEGS          : KT-4N3/JIUHUA
 FCS           : PREDIRE FCS190
 GENERATOR     : KV-3D3/PROCHNYI
 BOOSTER       : BT-21 SHINATSU
 R ARM UNIT    : AR-07/A
 L ARM UNIT    : LR-81 KARASAWA
 SHOULDER UNIT : UMM-21 DIMAPUR
 OVERED WEAPON : GRIND BLADE or MULTIPLE PULSE
射撃を出来るようにと考えて作成。その為、FCSと左手、肩武装、ジェネを変更。
速度面では急激に落ちたと思われるが、実際はそこまで落ちておらず初代の速度を出す事が可能。
但し、バランスジェネに変えた事で維持の方が弱体化。接近するまでのEN管理が最重要。
遠距離戦では唐沢をチャージしつつのディマポが可能。その為、弱点であった空中戦も可。

・リコンジャマーグラブレ中二キック野朗(TE)
略称:RGK-M(TE)
 HEAD          : BEOWULF HD103
 CORE          : KT-106/DAZHBOG
 ARMS          : UAM-23 ANIMAS
 LEGS          : ULG-11 RAINIER
 FCS           : UFC-10
 GENERATOR     : SONNE GNE530
 BOOSTER       : BT-21 SHINATSU
 R ARM UNIT    : AR-07/A
 L ARM UNIT    : KO-4H4/MIFENG
 SHOULDER UNIT : CIWS-10 HAORA
 OVERED WEAPON : GRIND BLADE
RGK-Mの弱点であるTE防御の薄さを改善した機体。
APも4万あり、耐久面は向上、但しEN消費が激しくなった為ラッシュはかけ辛い。
又、リコンも10個しか使用出来ないので本当に使い道を誤ると厳しい機体。

・新型リコンジャマーグラブレ中二キック野朗
略称:RGK-M-Ⅱ
RGK-MのEN回復を重視した機体。他はそれ程変わっていない。
又、グラブレのチャージ速度が向上しているので2回発動可能。
アセンは現状非公開。