新たに再編成されたROK機の紹介
Ⅰ:R.G.K-M
土台となる中二機体。
左手には5発パイル、肩にはヒトロケ。蹴りに行くときは一気に突っ込めるタイプ
OWはグラブレ、カラーは赤。
■利点
GB有からのBCでほぼ仕留める事が可能。
一気に近距離に持ってこれる様にENは大容量にしている。
■欠点
持久戦になるとEN回復が間に合わなくなる。

Ⅱ:R.G.K-L
1号機を軽量化した軽二機体。更に特攻出来、尚且つ回避性能に向けて調整されている
OWはグラブレ、カラーは橙。
■利点
EN消費量が最低ラインになっている為、GB時間が長い。
1号機より速度がある為、長距離移動にも向いている。
■欠点
防御が無い為、回避に専念する必要がある。
全体的に威力が低い為、AP35k以上の相手には不利

Ⅲ:R.O.K-M-T
1号機をTE防御タイプに変更した中二機体。肩にCIWSが積まれており、ミサイル迎撃にも向いている
OWはグラブレ、カラーは黄。
■利点
アンパルを弾き、ミサイルの迎撃が可能。
■欠点
KE防御が低い為、オトキャ等を撃たれると即落ちる。
EN伝達率が低いのでOWチャージ時間が遅く、尚且つ使用中のAP減少が多い。

Ⅳ:R.O.K-L
リコンジャマーマルプル重二キック野郎を現レギュに合わせた機体。
OWはマルプル、イメージは緑。
■利点
1発でほとんどの機体を落とす事が可能。GBからの蹴りは9万超え。
R.O.Kの原点。左手や肩に色々積む事が可能。
■欠点
上空は完全に弱い。ほぼ手詰まり。

Ⅴ:R.MP.K-M
1号機のOWをマルプルに変更し、調整したもの。
OWはマルプル、イメージは青。
■利点
集団行動している相手を薙ぎ払う事が可能。
EN回復量が1号機より高い。
■欠点
EN容量が半分な為、GBで一気に間合いを詰める事は不可能。
防御力が少し低い為、即落ちする可能性もある。
OWチャージ時は無駄にGBが使えない為、なかなか動けない。

Ⅵ:R.MB.K-∞
対近接特化重二、上空をふわふわ飛ぶ4万キック。
OWはマスブレ、イメージは藍。
■利点
常に上空をキープしつつ蹴りまわす事が可能。
TEが高い為、レザブレ機の1発に耐えることも可能。
■欠点
移動速度が低い為、距離を置かれると何も出来ない。
エリアオーバーする可能性が高くなる。

Ⅶ:R.MP.K-4L
遠距離武器所持タイプ4脚、近付かれても蹴りで対処する機体。
OWはマルプル、イメージは紫。
■利点
隠れて砂砲を撃つ事が可能。撃たなくても蹴る事で対応可能。
上空にも飛べる為、空中約35kの蹴りを放つ事が可能。
ミサイルもいける。
■欠点
EN消費が他のに比べて高く、息切れが激しい。
TE面が貧弱な為、パルマシで溶ける。

∧:R.O.K
新たに出来上がった1号機の改良版。
GB有からの蹴りの威力が増強されており、蹴り威力5万越えという中二の威力を最大まで引き出している。
又、防御面も微量だが増加している。
現状、利点・欠点は1号機のもの以外なし