たまには珍しい事でも
弾数600/威力は1000以下だが射安が高い「コの字」
弾数300/威力は1000以上だが射安が低い「Kayak」
この二つは実は相手プレイヤーの行動によって有利不利が大きく変わる

■コの字
射安が高く、相手の移動先に必ず当てようとする為に2次ロックを外させるスタイルの相手にはほぼ当たらない。
しかし、それ以外の一定方向に進みやすいスタイルの相手にはボコボコ当たる。

■Kayak
射安が低く、一定方向以前に止まっている相手にも全然当たらない。
しかし、そのばらつきが2次ロックを頻繁に外させるスタイル相手に対して当たりやすい。

Kayakが2次ロックを潰すスタイルの相手に対して有効、これは何故か。
それは安定していない分のばらつきが2次ロック相手の移動先+-ばらつき分によるズレが発生し
相手が反対方向に進み出す直前、数発分本来の相手の移動先より後ろになる事があり
その移動先予定の後ろとなってしまった分が相手に当たるからである。
だが、これがコの字となると全て移動先を狙ってしまう為、常に2次ロックを潰されると全てが当たらない。

至近距離で撃てば良いのでは?と言えばそうだが
中距離でヒトマシの撃ち合いをする場合はここで勝敗が分かれるであろう。

例えば双方2次ロック潰しのスタイルでコの字とKayakで撃ち合いをすればコの字は安定しすぎて当たらず
逆にKayak持ちはポロポロとコの字よりかは当たる。

そして双方2次ロック潰しではなかった場合、コの字の方がボッコボッコ当り、Kayakはスッカスカで終わる。


何が言いたいかと言うと
「Wヒトマシにするなら両方持って行け 片方で固めたらその分辛いぞ」と
おしまい
明日多分R.O.K関連でまた更新します。